headband

保険

学資保険加入の注意点

学資保険を考えるうえで、大切のなことはいくつかあります。

まずは「いつ、いくら必要か」です。

学資保険は預けたお金を運用していくものになりますので、

どれくらいの利率で増え、いついくらくらいになっているのかということをしっかりと把握しておくことが大切です。

また「契約者:親、被保険者:子、受取人:子」といったケースが代表的なところなのですが、貯蓄を目的とするならば、「契約者:親、被保険者:親、受取人:子」という形にしたほうがいいのではないかという考え方もあります。

なぜなら、前者の場合は特約として子に医療保険等のオプションをつけることができる商品もありますが、契約期間中に子に万が一のことが合った場合には、特に損もありませんし得もありません。

しかし、後者の場合に親が契約期間中に亡くなった時には、死亡保障が受け取れます。

死亡保障の額は一般的に貯蓄部分よりも大きな金額が受け取れますので、学費にするはずだった金額+生活費とすることができます。

こちらのほうが万が一のことがあったときには大きくカバーできて、一石二鳥の意味が持たせられるのではないかという案もあります。

前者の場合は逆に、大黒柱に何かあったときに学資保険以外の家族の保障をしっかり別建てで考えておく必要がありますね。

pagetop
Copyright(C) 2012 保険TIPS All Rights Reserved.